女性保険を見直すチャンスです
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.20
【女性特有保険】
女性特有の病気に対しての保障をしてくれる保険です


女性限定にすることで、女性特有保険では女性特有の病気に対して、
通常の医療用保険より給付金などのサポート力に優れています

女性特有保険では一定期間ごとにキャッシュバックなどの嬉しい特典があり
何か自分の体に心配ごとがあった時に相談にのってくれる専用等口があるものもあるので
安心ですね

キャッシュバックなどの特典はいらないから、女性特有保険の保障内容を充実したいなど、ライフスタイルを考えながら自分に合ったサイトで探してみると良いでしょう

女性特有保険で適用される保障には様々なものがあります
子宮がんや乳がんなど、女性にとって一番怖い病気も、もちろんです

また女性にとって欠く事の出来ない一大イベントである妊娠や分娩時の問題に対するサポートをしてくれる女性特有保険もあります

独身だからと言って婦人科系の病気にかからないとは言えませんよね

子宮内膜症などは年齢に関係ないと言われるもののひとつで
きちんとそれをカバーしてくれるようです

さら生殖器系だけでなく関節リウマチなどの病気にもなかには保障してくれるものもあるようです

独身や既婚に関わらず女性であれば、自分の体を守る為にも
女性特有保険を考えてみるとよいと思います
スポンサーサイト
2009.01.18
女性保険では普通にケガをした、病気で入院したという時にも、
もちろんきちんとサポートしてくれます。

まだ医療用保険に加入していない人はあれやこれやと
他の医療用保険を調べ、又考えなくても、
この女性保険ひとつで十分だと言える事ができます。

また、もうすでに医療用保険に加入している人は、
現在加入の医療用保険に特約として
女性特有の病気のサポートをしてくれる契約もあるそうです。

まずは自分にとってどの形の女性保険が合っているか、
考えてみる事をお勧めします。

女性保険では女性特有の子宮がんや乳がんはもちろん、
乳腺症や子宮筋腫などの女性特有の病気についても
サポートを受けることができる保険がおおいようです。

女性保険を利用して手術や入院の際に、
給付金を受けるてしまうこともできるそうです。

子宮がんなどは、まとまった金額の給付金を
一括でもらえる女性保険もあるようです。
もちろん月々の負担金額によって、
女性保険の保障範囲も変わって来る事は言うまでもありません。

昨今の医療の進歩に伴ない、女性保険を含め医療用保険の
保障内容は日々変わっています。

自分の生活スタイルと照らし合わせたうえで
自分にとって最適の女性保険を調べ見つけましょう。

また、既に特約などで女性保険を契約している人も、
時々見直して見る事は大事だと思います。

なぜなら、せっかく早めに加入していても、
現在医療に合わない女性保険では意味がないからです。

サイトやブログでは簡単に数ある女性保険を
比較することができますので
どのような女性保険が今は主流なのか、
ご自身の契約している女性保険と比べ
比較検討してみることをお勧めします。
2009.01.16
自動車保険

女性保険のことはおおよそ話しましたが
女性は自動車保険についても知らないと損しますね

ここではあまり詳しくは説明はしませんが
自動車保険というと

損害損保ジャパン

こちらで調べてみるといいかもしれませんね

特に最近では女性の交通事故が多くなり
自動車保険も女性保険並みに人気となってきています

女性は子どもを連れてよく運転したりするので
子どもが気になり後ろから「ど~ん」と突いてしまうんですね

また男性はスピードを出すイメージがあり
事故は男性が多いと思われますが
最近は女性もスピードにより事故も多くなってきているようです

無意識かも知れませんが、
他人をケガや死亡させてしまったときに
あなたはどうしますか?

自動車保険はあなたを守る道具なんです

今こそ自動車保険と女性保険を見直しましょう
2009.01.10
現在アメリカというより
世界全体が不況で覆われている

その影響は日本にも及んでいる

昨年は大和が倒産し、話題を呼んだが
他の大手の保険も危機の中にあることは誰もがわかる

今大手保険だからと言って安心できる会社はない

外資が日本には数多く参入してきている
保険だけではなく、証券だったり様々な会社が日本の市場を
狙っている

日本人はカモにされているのですかね

保険で私の知り合いで
数億かけていた方がいました

そうです、大和にです

この方は約2億くらい損したそうです

このようにすべての資産を保険にかけることは
私は勧めていません

それよりも自分の老後の入院費や生活費は
投資運用し補うことも大事なのではないかと思いますね

女性保険も資産運用もすべて自分が学ぶ必要があるということです
2009.01.02
女性保険は最近になって大きく注目されていますが、女性保険は昔からあったものなのでしょうか。答えはノーです。女性保険とは最近になって開発された新しい保険商品なのです。これまで無かったものが登場したことには何か理由があるのでしょうか。

まず一つ目に挙げられるのは、これまで男性中心だった保険の考え方に女性の存在感が増してきたことがあると思います。保険というとこれまでは男性に掛けるものでしたよね。特に生命保険がその典型で、一家を支える大黒柱にもしものことがあった場合に、以後の生活費を心配しなくて済むように保険金が支払われるという仕組みは、男性が稼ぎ頭になっているという家族の姿が想定されているのです。

ですが現在では決してそうではないのです。女性が社会進出するにしたがって、男性よりも女性が大黒柱になることも決して珍しくなくなりました。そこで、女性が支えているものに対する保障が必要になってきたことが考えられるのです。

二つ目に、現在の女性向け保険が保障しているリスクがリスクとして強く認識されるようになったことが挙げられると思います。かつて、がんは不治の病でした。女性特有のがんについても同じですね。

乳がんや子宮がんになってしまったら、克服するために治療するという発想がありませんでした。それが現在では様々な治療法の開発により克服できるようになってくると、お金を掛ければ治るのであればお金の備えをしておきたい、と考えるようになるわけです。

現在日本にも進出しているアメリカン・ファミリーという保険会社は、がん保険の草分けですが、このがん保険の発想を女性特有のがんにも採り入れたものが現在の女性向け保険ということになります。

三つ目に、保険が自由化されたことによって保険各社が独自のサービスを展開する時代に突入し、リスク管理も自己責任の時代になったことが挙げられると思います。

これまでは全ての保障がセットになった生命保険に加入していれば大方のリスクは保障できたのですが、現在ではそれが細かく分類されているので、がん保険ならがんに特化した保険、女性特有のリスクに対応するなら女性向け専門の保険と言った具合に特定のリスクを手厚く保障する保険を自分で選ぶようになったわけですね。

その結果、女性特有のリスクに特化した女性向け保険が開発され、現在のように販売されているわけなんです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。